函館から札幌へ行くなら立ち寄りたいほっこり郊外カフェ♪タンポポハウス

北海道

こんにちは。
食べ過ぎて腹の重いくろまめですin北海道。

さて前日法要を済ませたくろまめ一家。
無事に会食も済ませた後、昨夜はオットと弟と弟嫁と3人でビール、焼酎、ビール、焼酎のエンドレスにより3人がめでたく定量オーバー。

くろまめは飲まずに正気だったから
帰りの車内はほんとに酒臭かった。

ドン引きする程に酒臭くて、しかもしゃっくりが止まらなくなったオットは
ヒック、ウィー♪アハハハハ!!!ヒック、ウィー♪アハハハハ!!!と笑い続けて息子までドン引きさせてた。

まるで絵に描いたような酔っ払い。
ホテルの部屋に入った途端
死んだ?

息が出来ないほどのうつ伏せでベッドにダウンしてたので起こしたら
猛スピードで服脱ぎだした。
あっけにとられてる間にそこら辺中に服をまき散らして風呂場に入っていった。

酔っても必ず風呂に入るひと。
危ないよ心臓発作で死ぬよ、言ってもぜんぜん聞かない。(´Д` )

そんでもってベット周りはこんな惨状。
おパンツまでここで脱いでやがる!

酔って羽目を外し過ぎたようです。

翌朝、何事もなかったように元気過ぎるほど元気に起きて、食欲も全開。

朝からもりもり食べてます。(鮭焦げとるがな)

なんぼ飲んでも二日酔いしない身体って最強。。。

さすが函館。
イカ刺しも付いとるわ。

 

おいらだけ洋食にしてみた。

いつも不思議に思うんだけど、オットと息子は必ず同じもの食べる。

ゆっくりの朝ごはんを終えた後はホテルをチェックアウト。
弟に車を返すために函館駅前へ。

いやーセルシオはおっきい!
それで乗り心地がぽわんぽわん。

普段スポーツタイプの車に乗ってると高級車のぽんぽわんがすっごい気になる。
おじいちゃん用の車かな?うちの弟はめちゃ老け顔だから似合ってるけど。

弟はいっつも約束の時間より早く行動する。
むしろ謎に早すぎて家族からせっかちおじさんって呼ばれてる。

若いころ送り迎えしてもらってた時期には時間より必ず30分前に来るから
「くろまめの兄さん、シスコンか?」って言われてた。
シスコンじゃねぇし。
ついでに言うなら老け顔でも弟だよ!

函館駅前に着いたのは約束の20分前だったけど、予想通り弟の方が早く来てた。
みんなでニッポンレンタカーに行ったら、係の人が無料でグレードアップしてくれて、貸してくれたのはヴィッツじゃなく
スバルのインプレッサ?

弟の顔の圧が強かったからだとオットが言っていた。笑

しかも

新車?

Oh!lucky!
しかぶえ(鹿笛)つきだよ。

ひと足先に帰る息子を函館空港へ送って、一緒にあれこれお土産を選んだ。

くろまめとオットは札幌へ向かうふりして

きくちのソフトクリーム!

“水曜どうでしょう”で安田顕さんががっつりソフトクリーム落として、拾ってたお店として
一躍有名。www

くろまめは初めて食べたけど、意外にあっさり目のソフトクリームだった。
くろまめは五稜郭公園の六花亭か函館牛乳のソフトクリームが濃厚で好き。

そして飲み物やお菓子はセブンイレブンで調達。
お店のバックヤードに入って行って同級生のオーナーを引っ張り出す。

車の前で立ち話

( その間、オットはセブンで買ったコーヒーすすってた。)

同級生のじゅんちゃん
「俺さぁ、ジム行って痩せたんだわ。見てこれ!痩せたろ?
いま着てるのUNIQLOのМサイズだから!

痩せたらおまえの旦那より俺の方がイケメンだろ?」

えーっと、これまた謎のマウンティングですな。笑

「うーん、同じくらいかな?」と答えておいた。

くろまめの周りはユニークな人でいっぱい。
じゅんちゃんは同窓会で酔ってくろまめの頭を噛んだことは忘れたようだ。

じゅんちゃんにさよならして函館新道から大沼を通りぬけ

森町ではオットのリクエストにより、いかめしを食べた♡

味がしみしみで美味しい。

 

長万部ではオットの大好物
浜ちゃんぽんを食べた。

どんぶりがデカい。

おいらは海焼きそばにした。

ちゃんぽんのスープの量に耐えられそうもなくて焼きそばを注文したけど、この巨大な皿に流れるあんかけの量よ!!!

 

☟前日に函館で食べたのはコチラ

天然クーラー函館でうまみを堪能する。
法要で訪れた函館での1日目はランチに会食に叔母宅でのケーキにとうもろこし。そのうえ夜は海鮮づくしの和食。それでもなんか食べたりない。飛行機にのると胃も高気圧で膨張するのかしら。北海道涼しすぎ、空気うますぎ、食べ物美味しすぎで肥えるの必須。

 

 

そうして、しばらく走るとオットが運転中のくろまめにひっそりと囁く。

 

「ねぇ、まめちゃん、そろそろCoffeeBreakしない?」

早っ❗️

さっき食べたばっかりの気がするけど?

北海道を車で走ってると食べるために停まる時間が長くて目的地にはなかなかたどり着かない。

黒松内町で選択したのはタンポポハウス
ここはほんとに居心地のよいほっこりカフェ

 

コチラはご自宅かな↓

可愛いワンコが2匹お出迎え

お店の中は温かい雰囲気の手造りカフェ

いいね~

同意して良かった♡

 

スリッパを履いて上がります。

椅子も手づくり!
白樺を使った右側の椅子♡


 

ほっこり手書きのメニューが可愛い。

オットはプリンセット、
くろまめは焼きたてワッフルセットにしてみた。

こんな田舎の細道にこんな可愛いカフェ☆

ここ冬は雪深いところだよ。

 

ああ、いいお店選んだね。

 

 

オットは手造りロッキングチェアに座ってご満悦。
自分でも椅子を作りたいらしい。

ワッフルもプリンも『走るニワトリ🐔の生んだ卵』で作ってるんだって。

ワッフルにはサワークリームと手造りジャムが付いていて、しかも美味しい飲み物もついて750円⁉️

安すぎ北海道価格よ。

あー、いい店選んだわ。

お近くの皆様、
いやいや遠くの皆様だって是非行ってください。

 

敷地内にはニワトリとワンコは自由に走り回っているので、
到着、出発時の運転には気をつけてあげてくださいね。

あと、お店に人がいないときは畑にいるので「おーい」と呼んで欲しいそうです。笑

ほっこりしたい人にオススメのタンポポハウス

 

くろまめ

 

タンポポハウス
北海道寿都郡黒松内町豊幌307-7
土日定休
営業時間は日暮れまで(冬は日暮れが早いし黒松内は豪雪地帯なので気をつけて)
詳細はHPのメールアドレスにお問い合わせを。

 

ごきげんよう。
くろまめ

涼しければ快適超熟睡。
ポチっとね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東南アジア情報へ

 

くろまめ3キロ以上肥えるはず!
食べすぎ!ポチっとね。

北海道
スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう

シェアしてちょ。
くろまめをフォローする
衝撃的文化生活@東南アジア       
タイトルとURLをコピーしました