海外生活

ベトナム生活

〝厳格な社会的隔離〟ロックダウンでわかったこと。

ベトナムホーチミンで長い長いロックダウンを経験してみて、良い経験だったとは決して思わない。人生の黒歴史に残りそうな〝厳格な社会的隔離〟いろいろなものが無くなり消えていき侘しかった。これから先も再ロックダウンになる可能性も捨てきれない。
ベトナム生活

10月1日(金)〝厳格な社会的隔離〟の制限が一部解除される

長きにわたった〝厳格な社会的隔離〟と言う名のロックダウンが10月1日にとうとう制限解除。前日からフライングして街に繰り出す人、買物に走るひと、様子見のひと。ワクチン不足で感染者も減らない中でホーチミン市民はそれぞれがどう迎えたのか。
2021.10.09
ベトナム生活

【ぼっちホーチミン悲劇】食料難民の次は水難民だyo…水のおじさんに失恋???

敷地内にやっと配達員が入って来れるようになった日、早速水の注文をした。果たして水のおじさんは来てくれるのか、それともフラれたまま来てくれないのか。ステイホームのままじりじりとおじさんを待つ。
2021.09.26
ベトナム生活

【ぼっち悲劇】キャッシュレス機能を持たざるもの 食材注文の資格なし!

厳格な〝社会的隔離〟が始まってから次々に明らかになっていく詳細と次々に変わっていくルール。買物の支払いは銀行振り込みのみ?持ってない人はどうなるの?とうとう兵糧攻めがやってきた。
ベトナム生活

【ぼっち生活】厳格な都市封鎖のホーチミンシティ くろまめ出かけずして水を手に入れる。

8月23日(月)から始まったホーチミンシティの〝厳格な都市封鎖〟。水も食糧も補充できず不安なまま迎えた。そんな時、ベトナム人女子タオの裏技手配で水が届く。パンが無いなら麺を食べればいいじゃない?これで乾麺も食べられるよ!人生で最も水のありがたみを知った日。
ベトナム生活

【ぼっちホーチミン】くろまめもロックダウン、日付も曜日もわからなくなる。

5月に始まった社会隔離が段階的に厳しくなり、食料品の流通も滞り始めて数日。二回目のPCR検査を受けるころ、エレベーターも相乗り禁止となった。感染爆発の止まらないホーチミンはロックダウンの再延長。ネットも食糧調達もままならない生活は鋼のメンタルをも少しづく崩していく。
ベトナム生活

【ぼっちホーチミン】社会隔離をさらに強化 スーパーから野菜が消えた日

ホーチミン一斉PCR検査の結果、陽性者急増で封鎖ブロックがどんどん増えていくばかり。ついには市場の集団感染により市内の市場がすべて閉鎖、スーパーマーケットからは野菜がすべて消えた。
ベトナム生活

ホーチミンシティで市内あての郵便を1通出した。

行方不明になった郵便物を探して三千里。差し出して2週間以上経っても届かない、戻らない郵便物を探してVietnam Postへ行ったり中央郵便局に入ったり、結局は別の場所にあると言う。聞き取りにくい英語で「トマロッ」と言われベトナム語で住所を書いた紙の端切れを渡された。本当に見つかるのだろうか。
ベトナム生活

【ぼっちホーチミン】社会隔離と言う名のロックダウンとひとりロックダウン

コロナ清浄国と言われたベトナムも5月から感染者が急増しホーチミン市もとういとう社会隔離と言う名のロックダウン。家からは出ずおとなしくセルフロックダウンして自分を省エネしています。
ベトナム生活

【ぼっちホーチミン悲劇】盗難?紛失?衝撃!スマホが突然消えた日inベトナム

突如として消えたようになくなったスマホ。どれだけ探しても見つからない。電話してもらったらすぐにSIMカードも抜かれていた。ひとりぼっちの海外生活で唯一の連絡手段だったスマホ。友人に連絡することもGrabを手配することもできずに茫然とすごした日。
コミュニケーション(英語・中国語)

【英語ゼロ!episode2】くろまめのゆるふわ英語レッスン初日 なぜか歌を歌う。

くろまめのわがままを叶えてくれそうなゆるふわ2時間の英語レッスンに行ってみたらば、レッスンは1時間だけで終わった。ホールに集められてなんと讃美歌を歌う?歌う先生、合わせて歌う生徒たち。ナニコレwww聖書の勉強やシェアリングと呼ばれる謎の時間もあって、くろまめ超困惑!
私の周りのユニークな人々

メイクさんに恋した甥〜突然シンガポールに現れる。

日本に住む姉からの突然の電話で甥がシンガポールに来ていることを知る。慌てて連絡するとシンガポールに来てすでに4日目?で残り1日と言う。食べたいものを聞けば「肉があれば他には何もいらない」と言い、すでに高級レストランに肉を食べに連れて行ってもらえるものと思い込んでる風(苦笑)
2021.04.06
シンガポール

シンガポールという国~わたしに背を向けた人~海外生活の明と暗

綺麗な国ですよね、だれしもがそうたたえる日本人に人気の国シンガポール。熱帯の草花に囲まれた発展した都市。しかし暮らしてみればそこには未だに歴史上の問題が横たわる。同席した高齢婦人にあからさまな居品反応を示されることも…。そんな海外生活の明暗を少しだけ綴ります。
2021.01.08
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました