新型コロナウィルス

ベトナム生活

〝厳格な社会的隔離〟ロックダウンでわかったこと。

ベトナムホーチミンで長い長いロックダウンを経験してみて、良い経験だったとは決して思わない。人生の黒歴史に残りそうな〝厳格な社会的隔離〟いろいろなものが無くなり消えていき侘しかった。これから先も再ロックダウンになる可能性も捨てきれない。
ベトナム生活

10月1日(金)〝厳格な社会的隔離〟の制限が一部解除される

長きにわたった〝厳格な社会的隔離〟と言う名のロックダウンが10月1日にとうとう制限解除。前日からフライングして街に繰り出す人、買物に走るひと、様子見のひと。ワクチン不足で感染者も減らない中でホーチミン市民はそれぞれがどう迎えたのか。
2021.10.09
ベトナム生活

【リスペクト】自然にどんな時でも当り前に ベトナム人のボランティア精神

当り前に自然にボランティア活動をするベトナムの若者たち。〝厳格な社会的隔離〟で家から出られなくなった外国人住民の買物サポートをしてくれたのも女性メンバーを中心としたボランティアチームだった。
2021.10.09
スポンサーリンク
ベトナム生活

【ぼっちホーチミン悲劇】食料難民の次は水難民だyo…水のおじさんに失恋???

敷地内にやっと配達員が入って来れるようになった日、早速水の注文をした。果たして水のおじさんは来てくれるのか、それともフラれたまま来てくれないのか。ステイホームのままじりじりとおじさんを待つ。
2021.09.26
ベトナム生活

【ホーチミンシティぼっち社会隔離】ホーチミン市民はステイホームで進化を遂げる。

5月から始まった美容室の営業停止でくろまめの頭は落武者からライオンへ進化を遂げた。おそらくロックダウンが終わるころ、街の床屋に向かうライオンのたてがみ頭の男性が爆誕していることだろう。
2021.09.18
ベトナム生活

【ぼっち社会隔離】はじめてのZalo 食料難民はネット中毒。

配達も遮断して敷地内封鎖が続くアパートでベトナム人御用達の「Zalo」を使い始めた。同じ棟の外国人居住者専用のグループチャットに参加するうちにやがて1日中スマホに張り付くように。食料が手に入らない不安がスマホ依存へと駆り立てる。
2021.09.17
ベトナム生活

【ぼっち悲劇】キャッシュレス機能を持たざるもの 食材注文の資格なし!

厳格な〝社会的隔離〟が始まってから次々に明らかになっていく詳細と次々に変わっていくルール。買物の支払いは銀行振り込みのみ?持ってない人はどうなるの?とうとう兵糧攻めがやってきた。
ベトナム生活

【ぼっち悲劇】くろまめ卵に3日を費やし、わらしべ長者になる。

食料は流通が不安定なまま厳格な〝社会的隔離〟に突入したホーチミンシティ。当然ながら卵も品不足、そんなさなかに受付女子が卵を分けてくれることになり、言われるままに受付に通う。卵は5個が13個になっていた。数も不思議だけどなによりベトナム女子が不思議すぎ。
ベトナム生活

【ぼっち生活】厳格な都市封鎖のホーチミンシティ くろまめ出かけずして水を手に入れる。

8月23日(月)から始まったホーチミンシティの〝厳格な都市封鎖〟。水も食糧も補充できず不安なまま迎えた。そんな時、ベトナム人女子タオの裏技手配で水が届く。パンが無いなら麺を食べればいいじゃない?これで乾麺も食べられるよ!人生で最も水のありがたみを知った日。
ベトナム生活

【ぼっち悲劇】食料補充作戦失敗のまま迎えたホーチミンシティの〝厳格な都市封鎖〟 

8月23日(月)から始まったホーチミンの都市封鎖と言う名の絶対外出禁止。食料品の買い出しでしか外出できないはずの人々が数日前から激しい動きを見せ始めたと同時に北部から人民軍が派遣されたというニュース。日を追うごとに激しさを増す買い出しパニック…。
ベトナム

~ブルーマン現る~ 部屋まで迎えに来るベトナムの強制的PCR検査!!!

夜も更けてから鳴ったインターフォンの画面に現れたのは青い防護服だった。ブルーマンが迎えにきたからには野戦病院での隔離か連行か。怯えながら連れて行かれたのはアパート1階のラウンジに急遽設営されたPCR検査だった。1回目は余裕だった検査も2回目は…。
ベトナム生活

【ぼっちホーチミン】くろまめもロックダウン、日付も曜日もわからなくなる。

5月に始まった社会隔離が段階的に厳しくなり、食料品の流通も滞り始めて数日。二回目のPCR検査を受けるころ、エレベーターも相乗り禁止となった。感染爆発の止まらないホーチミンはロックダウンの再延長。ネットも食糧調達もままならない生活は鋼のメンタルをも少しづく崩していく。
ベトナム生活

【ぼっちホーチミン】社会隔離をさらに強化 スーパーから野菜が消えた日

ホーチミン一斉PCR検査の結果、陽性者急増で封鎖ブロックがどんどん増えていくばかり。ついには市場の集団感染により市内の市場がすべて閉鎖、スーパーマーケットからは野菜がすべて消えた。
ベトナム生活

くろまめのベトナムぼっちテト(旧正月)@東南アジア暮らし

ベトナムのテト(旧正月)「ひとりだし、店も全部休みになるし、絶対テト無理~」って思ってたけど、意外や意外。みんな帰省してフロアは静まり返り平和そのものの1週間。騒音も煙も無いから頭痛が起きることもなく、超快適なお正月。むしろ快適過ぎて日本に帰って狭い家で家族と生活できるのだろうかという不安がよぎる。
ベトナム生活

【新型コロナ関連】日本人男性が14日間の隔離後にベトナムハノイ市のホテルで亡くなる

ベトナム旧正月中の2月14日(日)に突然飛び込んできた日本人男性死亡のニュース。ホーチミンでの2週間隔離中の検査では2回とも陰性だったとのことで、日本人の行動エリア内での感染死に在住日本人の間に驚きが広がっています。領事館からの緊急通達とニュースとを併せての速報。
ベトナム生活

新型コロナ第四波 ベトナムに2ヶ月ぶりの市中感染者 ※2月8日更新

1月28日、ベトナム北部地方で集団感染が発生とのニュースが飛び込んできました。感染地域は早速封鎖されて検問所も設けられています。緊張感が高まる中、ベトナム人が1年で1番楽しみにしている長期休暇のテト正月を控えて感染がどのくらい鎮静化するのか静かに見守っています。
2021.02.08
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました